内山 祐希

MAミキサー(2010年入社)

現在の仕事内容

編集が終わったあとの映像に、音効さんから頂いた音楽や効果音、ナレーションを入れた上で、聞きやすいレベルになるようにMIXし、番組ごとの規定があればそのレベルに合うように調整する仕事です。ナレーションの収録もスタジオ内で行っています。

入社動機

専門学校で勉強してきたことを活かそうと考えていたので、同じ学校の先輩が多く入社している「e-naスタジオ」を選びました。もともとテレビが大好きだったので、「テレビ番組の仕事」をメインに行っているスタジオ、ということもポイントでした。

仕事のやりがい、大変だったこと

INTERVIEW 内山 祐希

自分のキャパシティ以上の仕事を任されて、苦労してそれを乗り越えていく経験ができることがこの仕事の魅力です。ミキサーとして仕事をさせてもらえるようになってから、アシスタントの時とは違ってプレッシャーがすごく大きくなって…。自分のミスや仕事の内容が、イコールe-naスタジオのミスや評価に繋がるので、今は常に責任感を強く持って仕事に取り組んでいます。自分の担当した番組のエンドロールに名前が載ったときは何とも言えないくらい嬉しいですよ。

仕事を通して学んだこと、今後の目標

「コミュニケーション」の重要性に気付きましたね。技術職だから、とにかく技術力さえあればいい、機材に詳しければいい、というイメージを入社当時は持っていましたが、それよりも大事なのは、お客様が求めていることを感じ取ったり、自分の意見をしっかり伝えたりすること、と今は考えるようになりました。

社内の雰囲気

意見を言いやすい、また意見を聞いてもらいやすい雰囲気があると思います。先輩や上司の方々は仕事の時にはとても厳しいですが、仕事が終われば冗談を言いあったりと、オンとオフを上手に切り替えている人が多いです。

入社を検討中の皆様へ

専門学校で経験のある人も、そうでない人も、とにかく元気に挨拶ができる人に来てもらいたいです。お客様と一緒になって仕事をするので挨拶はとても大事です。技術的な事は入社後にいくらでも学べるので心配しなくても大丈夫です。