石井 友規

テロップデザイナー(2017年入社)

現在の仕事内容

編集アシスタントとして、TFXやPhotoshopを使ってテロップやワイプを作成しています。お客様のご意見を伺いながら、番組の雰囲気に合う色やフォントを一緒にデザインしています。

入社動機

小さい頃からテレビ番組を見るのが好きで、いつか自分も番組制作に携わる仕事がしたいと考えるようになりました。専門学校の先生から「e-naスタジオは若い社員が多く、バラエティ番組も多く扱っているよ!」と薦めを受け、実際に調べてみると「ソレダメ!」や「巷の噺」など多くの有名番組に携わっていることが分かりました。ここでなら自分のやりたい番組制作に携わるが出来ると思い入社を決めました。

仕事のやりがい、大変だったこと

お客様から「可愛い雰囲気にしたい」、「怒っている感じを出したい」など、色々なご要望を頂く中で、自分のデザインしたテロップがお客様に褒められるととても嬉しいです。また自分の関わった番組が完成し、無事放送されているのを見た時の達成感は格別です。一つの番組でテロップを何百枚と作ったり、お客様のご要望に瞬時に答えたりと、大変な事も多いですが、それ以上にやりがいのある仕事だと思います。

仕事を通して学んだこと、今後の目標

現在は、いつも使用しているTFXやPhotoshopの技術力の向上を目標に勉強を積み重ねています。ポストプロダクション業界では、新しい機材や技術がどんどん増えていくので、今後も様々な変化に対応できる技術者を目指したいと思います。

社内の雰囲気

若いスタッフが多く、活気のある会社だと思います。スタッフ同士の仲がよいという事もあり、仕事の時間以外でも分からないことや疑問に思ったことを聞きやすい雰囲気があり、仕事も覚えていきやすい環境だと思います。

入社を検討中の皆様へ

なにより気持ちが大事な仕事です。この仕事は1人で作業をするのではなく、お客様やオペレーターなど色々な人と協力ながら作業を行うので、技術よりもコミュニケーションの方が大切だと思います。技術に関しては、勉強を頑張れば編集経験がある人ない人に関係なく、出来るようになると思います。私も入社直後は、Dekoに触るのも初めてで、最初は分からない事だらけでしたが、今では1人でアシスタントに付いても問題ないレベルになりました。未経験の方も、専門学校・大学で経験のある方も、テレビ番組や映像を編集することに興味がある方は是非エントリーしてみてください。